TOP> Gene/Mutation

アサガオの変異、遺伝子、ゲノム関連情報

アサガオの遺伝分野での利用は、メンデルの法則の再発見以降、1916年に外山、竹崎によって最初の論文として発表され、それ以降、特に今井、萩原両氏によって変異体の解析が勢力的に進められた。NBRPプロジェクト等によってゲノム関連情報や遺伝子クローンの整備も進んでおり、基礎生物学研究所(NBRP分担機関)で収集・保存・提供が行われている。主に基礎生物学研究所、慶應義塾大学、国立遺伝学研究所、九州大学の共同研究として東京古型を材料にゲノム解読が進められており、これまでに決定された植物ゲノムと比べても非常に高精度のゲノム配列が決定されている。詳しくはゲノムデータベースのリンクを参照のこと。

 

変異の命名規約

変異体・遺伝子情報

新規変異体

ゲノムデータベース(基礎生物学研究所)external-link

リソース検索(国立遺伝学研究所)external-link

古典遺伝学的情報

分子生物学の実験手法

 

 

 

 

Page Top