TOP> NBRP> Asagao Meeting > 第11回 アサガオ研究集会

第11回アサガオ研究集会のお知らせ(東京農工大学 2022年7月30日)

第11回アサガオ研究集会をオンラインで開催します。世話人が所属する東京農工大学での対面による開催を検討してきましたが、新型コロナウイルス感染症の収束が見えないまま、前回の開催より3年が経過してしまいました。そこで、関係各位の皆様と相談し、オンラインでの開催を決めさせて頂きました。これまでとは異なる開催形式でご不便をお掛けしますが、多くの皆様方にご参加頂けると有り難く存じます。 

  アサガオは、江戸時代からつづく伝統園芸植物であり、植物生理学や植物遺伝学などの学問分野における研究材料としても広く用いられてきました。最近では、アサガオ・ナショナルバイオリソースプロジェクトによる研究基盤の整備が進展し、高精度な全ゲノム配列の公開や100を超える突然変異系統のゲノム解読が行われ、研究のさらなる発展が期待されています。 

  第11回アサガオ研究集会でも、これまでの研究集会と同様に、アサガオが属するヒルガオ科、近縁のナス科植物を研究対象とされる方々との連携促進を図りながら、幅広い研究分野の研究成果の発表を通して交流を図り、研究の発展に繋げていきたいと考えております。アサガオや近縁種の研究者だけでなく、他の植物を材料とする研究者の参加もお待ちしております。 

主催: アサガオ研究集会世話人会 
共催: ナショナルバイオリソースプロジェクト・アサガオ  
世話人: 東京農工大学大学院 山田 哲也 

日時: 2022年7月30日(土)9:00 ~ 18:00  スケジュールは演題数により変更する可能性があります。 
場所: オンライン(Zoomを利⽤)  ZoomのURL等は参加申込者の皆様に後日お知らせします。 
参加費: 無料  交流会もオンラインで実施する予定です(こちらも参加費は無料です)。

発表形式: 口頭発表  演題数が20題を超えた場合には「ポスター発表」も併せて実施します。 申し込みの際にポスター発表への変更希望をお知らせ下さい。各発表形式の概略は以下の通りです。  

<口頭発表>  発表方法: Zoomによる完全オンライン形式   Power Pointスライドを画面共有し、口頭発表を行う  発表時間: 20分間(発表15分間+質疑応答5分間を目安とする)

<ポスター発表>  発表方法: Zoomブレイクアウトルームによる完全オンライン形式   ポスターの様式は自由(スライド、PDFなど)    発表時間: 60分間(発表10分間+質疑応答10分間を3回繰り返す)  *プログラムや発表方法の詳細は7月8日までにお知らせします。 

参加申し込み: 参加人数を把握するため事前の申し込みをお願いいたします。 以下のフォームにご記入いただき、teyamada(at)cc.tuat.ac.jpへ送信してください。((at)を@に変えて送信してください。講演される方は、7月1日までにご送付ください。)

 ―― 申し込みフォーム(ここからコピー)―― 
氏名:
所属:
職名:
メールアドレス:
講演希望: 希望する ・ 希望しない 
ポスター発表への変更希望: あり ・ なし ・ どちらでもよい 

 講演を希望される方は氏名、所属、講演タイトルを以下の見本に従って記入してください(発表申込期限は7月1日といたします)。

 ○農工太郎1、農工花子2 (1東京農工大学農学部、2基礎生物学研究所)
アサガオ花弁の吸光度と着色領域のQTL解析 

その他のご希望・連絡事項等:

 ―― 申し込みフォーム(ここまで)―― 

<連絡先> 東京農工大学大学院農学研究院 山田哲也 
電話:042−367−5683
E-mail:teyamada(at)cc.tuat.ac.jp  (at)を@に変えて送信してください。


 

 

Page Top